So-net無料ブログ作成
検索選択

日本人歌手としての快挙「ラスベガス公演」

遂にラスベガス公演の模様がアップされました。
(僕がみつけるのが遅かったかな?)

ラスベガス公演は78年4月行われました。
日本人歌手としてはじめて持ち込みなし(ファンなどをつれていくことなくお客は現地の人たち)で行った快挙なのです。
HPのPINK LADY in U.S.A(こちらのページです)でも詳しく書いていますが、その模様は以下の動画でご覧いただけます。

このライブでもっとも迫力があったのは、ウォンテッド
最高のシャウトが聞けます。

ではどうぞ。


オープニング


あの娘はアイドルから始まるポップメドレー


ロックンロールメドレー


渚のシンドバッドとミーちゃんのソロ曲「Without You」


ケイちゃんのソロ「朝日のあたる家」は聴きものです。(うまいっ!)


大迫力のウォンテッドからエンディングもちろんI Love How You Love Meです。
以前、このブログの記事にも書きましたが、あのチャックレイニーをエンディングで紹介していますよ。
最後の大歓声
ピンク・レディーが海外に受け入れられた証です。
なお、会場にはあのアバの姿もあったそうです。
当時の注目度がわかりますね。


ライブ盤は好評発売中です。

アメリカ!アメリカ!アメリカ!(紙ジャケット仕様)

アメリカ!アメリカ!アメリカ!(紙ジャケット仕様)




nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ダイナマイト!ピンク・レディー!

以前、このブログで紹介した動画が再アップされました。
ありがとうございます!

そこで、ここに再びご紹介いたします。

僕が大好きな「うたかた」を歌う二人
この頃の二人にはピッタリでした。
エレガントでこのピンクレディーはもっと売れて欲しかった。





そして、ホームページにも記載していますが、ピンク・レディー解散後のMIEさんが東京音楽祭で歌ったシーンがこちらです。


以上ダイナミックなPINK LADYでした。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。