So-net無料ブログ作成

Give Me Your Love

昨日書いたIf we hold on togetherはダイアナ・ロスの曲でしたが、Pink Ladyの曲の中でコレ的な曲が1曲あります。
きっと何も言わずに聞いたらPink Ladyだとは誰も思わないかもしれません。

アメリカでのアルバムに収録されているGive Me Your Loveがそれ
イントロから待ってました!と思ったほど初めて聴いたときに感動を覚えた曲でもあります。
このアルバムには他にもバラードの曲もありますが、このGive Me Your LoveほどPink ladyらしくなくまたそれが逆にPink ladyをピンク・レディーから離脱したような印象も受けるほどなのです。

ピアノ音から始まるイントロはまるでダイアナ・ロスのイメージです。
ふたりの歌唱も丁寧でサビの部分もあまり声を張り上げることもなく、ソフトにオブラートで包むような歌唱でまとめられています。
特にユニゾンであろうこの曲には客観的に歌う二人の歌手としての顔が見え隠れします。
このてのバラードの場合、あまりに感情移入が過ぎると逆に聞き辛くもなるのですが、彼女たちの場合、デュオだということが幸いしています。
客観的に音符通り、なおかつ入り過ぎない適度な距離感でこの歌を消化しています。
だから、彼女たちのさわやかなハーモニーが際立って、ある種、らしくない曲も数々のカバー曲をこなしてきた成果というものがオリジナル曲のこれで表れているように感じます。


Kiss in the darkのようなノリのよい曲はPink Ladyのらしさを強調していますが、この曲もある意味Pink Ladyの幅を感じる曲だと思います。
Pink Ladyは本来、バラードが持ち味なのだと思える1曲がこのGive Me Your Loveに託されているようにも思いますね。

2005年のラスト・ツアーでこの曲歌いましたが、残念なことにDVDには収録されませんでした。
ピンク・レディー・イン・U.S.Aというアルバムでしか聴けない曲なのです。

何度も繰り返しになりますが、Pink LadyはMieとKeiのハーモニーで生まれたグループです。
だから本当は二人のハーモニーが活かせるバラード、特にこのGive Me Your Loveがもっとも素敵なPink Ladyを演出する曲なのです。




↓試聴出来ます。




nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 3

AA

この「ピンク・レディー・インUSA」の中古品が
amazonで¥438で売ってたので
思わず買ってしまいました。
殆どの曲が約30年ぶりに聞くものばかり!
懐かしさと、爽やかなストリングスと
エレキが融合して、昨今のデジタルな音より
ずっと心地よいなぁと感じるのは
やはり昭和人間なんでしょうか、、、

by AA (2009-10-04 14:19) 

stepwonder

でしょうね~
でも、ホント名曲揃いですこのアルバムは
by stepwonder (2009-10-04 22:41) 

そらいろのなぎさ

はじめまして。

今頃です。

youtube で彼女たちのライブを見てファンになりました。
で、銀箱のCDを購入して、取り込んで、鮭写真を拾っていたらここにたどり着いて、いろいろな話を読ませていただき、なるほどなぁ。深く感動したのでメッセージを残しました。。
また、きますね!
by そらいろのなぎさ (2013-12-27 09:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。